導入する前に知っておきたい!屋上緑化のメリットとデメリット

admin

屋上緑化のメリットは

デパートやビルなどで増えてきている屋上緑化は、一般家庭で取り入れることも可能です。屋上緑化のメリットは、省エネに繋がること、そしてヒートアイランド現象を防ぐことです。植物は、夏場の日差しを遮り、建物が熱くなり過ぎることを防いでくれます。さらに、冬場は建物内の熱を逃さないように守ってくれる働きもあります。エアコンの使用量を抑えたい、節電をしたいという場合は、夏の暑さを和らげ、冬の熱を守る屋上緑化の導入が有効です。

建物の屋根が熱くなり過ぎることを防ぐ屋上緑化は、都会で問題となっているヒートアイランド現象緩和にも有効と注目を集めています。さらに、景観を美しくする、見た人を癒やす、植物が持つ二酸化炭素を酸素に変えていく働きによって空気を綺麗にするなどの効果も期待できます。

屋上緑化のデメリット

屋上緑化のデメリットは、水やりと排水の手間がかかることです。屋根の上というのは、地上よりも土が乾きやすい状態となります。土が乾き、植物が枯れてしまうと屋上緑化のメリットが失われてしまうだけでなく、掃除の手間もかかります。それだけに、屋上緑化後は水が充分に足りているか、気を配っておく必要があります。

さらに、屋上や屋根に敷き詰めた土というのは、雨や風で排水溝に流れ込むことが多いものです。そのままにしておくと、詰まってしまう原因となるため、定期的に掃除をしておく必要があります。一般家庭で屋上緑化を取り入れる時には、水やりや排水溝の掃除など管理に手間がかかることを覚えておくことが大切です。

屋上緑化とは文字通り、建物の屋上に植物を植え「緑化」することをさします。景観の改善・ヒートアイランドの改善・建物の断熱、と多くのメリットがあることがわかってきました。

Next Post

違和感が出ない物を選びたい!抑えておきたいメガネ選びのポイント

屋上緑化のメリットはデパートやビルなどで増えてきている屋上緑化は、一般家庭で取り入れることも可能です。屋上緑化のメリットは、省エネに繋がること、そしてヒートアイランド現象を防ぐことです。植物は、夏場の日差しを遮り、建物が熱くなり過ぎることを防いでくれます。さらに、冬場は建物内の熱を逃さないように守っ…