違和感が出ない物を選びたい!抑えておきたいメガネ選びのポイント

admin

レンズと黒目の位置を正確に合わせる

いくつかあるメガネ選びのポイントの中でも重要となるのがレンズと黒目の位置関係です。顔の一部といった言葉もあるように、メガネは掛け方一つで人から見える印象が大きく変わります。比較的多いのが掛けた時に黒目がレンズの上部に来てしまう失敗例です。これは鼻の高さに対して鼻幅が広すぎることで下がってしまうのが原因で、この状態では掛けた時に頼りない印象を与えてしまいます。逆に鼻幅が狭すぎると黒目がレンズの下部分に来てしまって不自然な感じになってしまうので注意が必要です。掛けた時に黒目がレンズの中央に来るように調整することがポイントになります。

瞳孔間距離に合わせてブリッジ幅を決める

レンズの中心に黒目を持ってくる上で欠かすことのできないポイントがブリッジ幅です。ブリッジとは左右のリムを繋ぐメガネにおける重要なパーツの一つで、黒目部分をレンズの中心に持ってくる上でこのブリッジ幅の広さも重要になります。ブリッジ幅は眼球の中心、瞳孔と呼ばれる部分の長さを基準に決めるのが基本です。左右の瞳孔の距離が長い人はブリッジ幅が広めの物を、短い人は幅が狭い物を選ぶとレンズの中心に黒目を持って来ることができます。

フレーム幅と顔の対比

レンズと黒目の位置関係と同様に重要なポイントとして挙げられるのがフレーム幅になります。これは上下ではなく左右の幅のことで、顔の幅よりも広い物を選んでしまうとメガネだけが強調されて不自然ななってしまうので注意が必要です。顔の横幅で最も広い部分と同じ幅のフレームを選ぶと顔の一部に溶け込んで違和感が無くなります。

メガネは文字を含めて遠くのものや近くのものが見えにくい、又は視界がぼやけて見えたりといった症状を改善してくれるのに役立っています。時には「ファッションアイテム」として用いられる事もあります。

Next Post

おしゃれな大人の嗜好品?電子タバコの上手な扱い方を学ぼう!

レンズと黒目の位置を正確に合わせるいくつかあるメガネ選びのポイントの中でも重要となるのがレンズと黒目の位置関係です。顔の一部といった言葉もあるように、メガネは掛け方一つで人から見える印象が大きく変わります。比較的多いのが掛けた時に黒目がレンズの上部に来てしまう失敗例です。これは鼻の高さに対して鼻幅が…