おしゃれな大人の嗜好品?電子タバコの上手な扱い方を学ぼう!

admin

紙巻きタバコのように有害な煙を出さないのが利点

電子タバコは従来の紙巻きタバコに代わる嗜好品として広く普及しています。喫煙者に広く受け入れられた理由の多くが健康に配慮した作りである点です。紙巻きタバコはニコチンやタールなどの有害な成分が含まれているため自身の健康を損なうおそれがあります。また、喫煙時に生じる煙にも有害な成分が含まれているので周りにも迷惑がかかってしまうのです。その点、電子タバコはニコチンやタールが含まれていないので健康被害の心配がありません。使用中も有害な煙が発生しないので、紙巻きタバコのような副流煙によるトラブルが起きないのです。

地域のマナーを守るのが大人の嗜み

電子タバコは味付けが施されたリキッドを封入したカートリッジを加熱し、それによって発生した蒸気を吸引する嗜好品です。その仕草が喫煙と似ているのが電子タバコという名前の由来になっています。本質的な作りは紙巻きタバコとはまったくの別物ですが、公共施設や人の出入りが多い場所では電子タバコの使用を禁止している所は少なくありません。紙巻きタバコと見分けるのが難しい他、発生する蒸気に付いている匂いを不快に感じる人も決して稀では無いのが理由になっています。健康面での問題は無いものの、地域のルールに沿って電子タバコを扱うのが愛好者に求められる姿勢と言えます。

バッテリーを電源にしているので取り扱いには注意する

電子タバコは専用の電熱器を使ってリキッドの蒸気を吸引する仕組みです。バッテリーを電源にしているので定期的な充電が必要ですが、消耗品でもあるので過熱状態になったり充電の頻度が多くなったら交換する必要があります。傷んだ電熱器を使い続けると感電や火傷などのトラブルに見舞われる可能性があるので、安全に電子タバコを楽しむためにも電熱器の買い替えが必要です。

ニコチンリキッドとは、文字通りニコチンが配合されているリキッドのことです。電子タバコが普及され、ニコチン入りリキッドが注目を集めています。アメリカやヨーロッパで主流の電子タバコリキッドです。